岡崎市で水の詰まりトラブル解決

豊田市の専門会社で実施している水道づまり修理の方法

ハンドルバルブを全開にしているのに、十分な水量を確保できないことはありませんか。

これは給水栓が開いていない・配水量が減っているという訳ではなく、各家庭の水栓器具内で起こる水道づまりという水回り設備トラブルのひとつです。この水道づまりは比較的起こりやすいトラブルで、豊田市では年間約5万件もの数で水道づまりが発生しているほどです。このトラブルが起こるのは、水の中に含まれている塩素が水栓器具内に結晶となって蓄積することが要因です。日本では浄水場で必ず水を塩素消毒してから配水されているので、水道づまりは避けることができないトラブルともいえるでしょう。豊田市一帯は規模が大きい住宅街が広がっているため、全国の中でも一般家庭で発生する水道づまりトラブルの件数が多い傾向にあります。

この詰まりが発生した場合は、専門修理会社に依頼をすれば迅速に対処してくれるのでさほど深刻な問題とはなりません。豊田市の場合は2020年5月時点で計170件の専門修理会社があり、ワイヤーブラシを用いた修理方法で詰まりを解消されています。「ワイヤーブラシ」とは長さ1mほどのワイヤーの先端にスチール製のブラシが備わっている道具で、水道の詰まりを解消するための専用道具です。水栓器具の蛇口部分からブラシの先端を挿入していき、器具全体に行きわたらせて塩素の結晶を除去できます。この修理方法は既に40年以上も前に確立されていて、ごく一般的な詰まり解消法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *